2020/03/07 14:24:23 updated

シンセサイザーとは

カテゴリー
シンセサイザー初心者の館

シンセサイザーとは

『シンセサイザー』とは?『キーボード』との違い

初めまして!
管理人のさかいです。

まずは序論といいますか、簡単にご挨拶として、
『シンセサイザー』という言葉の意味をちょっとだけ解説してみようと思います。
雑学と思って気楽にお読みください!
読み飛ばしてくださっても結構です!

シンセサイザーといえば、まず思いつくのは

【ケース+X型スタンド+ダンパーペダル他、5点セット】JUNO-G 61Keys Roland/ローランド シンセサイザー

こんなのですよね。

「あれ!?コレって『キーボード』じゃないの!?」

って言う方もいらっしゃると思います。
そうです。『キーボード』なんです。
シンセサイザーとキーボードの定義って確かに微妙なんですが、
とりあえず上の画像のようなものは『シンセサイザーでもあり、キーボードでもある』っていうのが正解です。

ざっくりとした意味合いとしては、

『キーボード』 = 『鍵盤がついてるもの』   

『シンセサイザー』 = 『音をつくるもの』  

って言うことなので、

ピアノのような鍵盤が付いているものが『キーボード』。
色々な音が出せて、音を作ったり出来るのが『シンセサイザー』。

ということになります。
上で紹介させていただいたような一般的な『シンセサイザー』は、
音作りもできて、鍵盤も付いているので「キーボードでもシンセサイザーでもある」
というのが一応の正解になります。(あくまで、定義は若干微妙です!)


ついでに言いますと、
音が作れない「キーボード」もありますし、
鍵盤がない「シンセサイザー」もあります。

軽く紹介させていただきますと、

音作りが出来ない「キーボード」

ヤマハ電子ピアノ YAMAHA / NP-30S+L2L 専用スタンドセット ポータブルキーボード 【送料無料!】

『電子ピアノ』などと呼ばれることもあります。
機種にもよりますが、音色はピアノだけ、あるいはオルガン・エレキピアノなど、
多くて20種類くらいの音色しか選べません。

その代わりに安価であり、購入しやくなっています。
幅広い音色は必要ないけれど、鍵盤のタッチや鍵盤数にこだわりたい方は、
この類のものも検討候補に入るかと思います。

鍵盤がない「シンセサイザー」

クラビア ラック音源 Clavia / Nord Rack 2X クラビアノードリード2Xのラック音源

これにはいくつが種類がありますが、
これは『ラックシンセ』と呼ばれるもので、
その名の通り、自宅やステージの専用ラックにセットしておき、
コントローラキーボードをつないだり(結局?)
サンプラーや専用コントローラなどをつないだりして音を出します。

このラックシンセ内で音色を作ることが可能なため、
一応これ単体で「シンセサイザー」と呼ばれます。