2020/03/07 14:42:17 updated

3.絶対タブー!「ギターの代わり」

カテゴリー
負けるな!Let'sコピーバンド!

3.絶対タブー!「ギターの代わり」

3.絶対タブー!「ギターの代わり」

これまたよくあるのが、
「この曲、間奏だけキーボ入ってるから、そこだけ弾いてくんない?」
というお誘い。

なかなか面倒だというのが本音だと思うんですが、
まあ、経験のためということでやってみるのもいいと思います。
しかし問題はその後。

「で、この曲ホントはギター二本でやってるんだけど、
ウチのバンドはギター1人しかいないんで、
間奏以外は2本目のギターのとこ弾いて!」

というお願い!
まったく、キーボーディストをいいように使いやがって!

いや、でも仕方ないことですし、
実際これはキーボーディストの役目でもあります。
間奏以外の間つったっているのも癪ですしね。

普通に言われたままを実行するなら、
「ギターの音をシンセサイザーで出す」事になるんですが、

コレは絶対やっちゃだめです!

ギターの音はやっぱりギターのもので、
ピックの動きや、左手の押さえの強さ、弦の振動の減衰などが細かく関与して、
あの表情豊かな音色になるのです。

シンセサイザーでギターの音を鳴らしていただくとわかると思うんですが、
かなりしょぼい音に聞こえてしまいます。
それで「じゃーんじゃーん」と和音を弾いてみた日にはもう…
目もあてられません。

シンセサイザーで弾くべき音はやっぱりシンセの音!ということで、
こういうお願いをされた場合は、
比較的ギターに近いシンセサイザーの音でプレイしましょう。
具体的には…

  • エレピ(E.Piano)
  • エレクトリックピアノは、原理的にエレキギターに近いということもあり、
    音の性格が近いです。アタック音がかなり違いますが、
    フレーズによっては代わりを務めることができるでしょう。
    Wurlitzer系がいいと思います。

  • オルガン
  • 彼のDeep Purpleのジョン・ロードのように、オルガンの音をガンガンに歪ませるのもよいでしょう。
    曲調にもよりますが、ハマれば非常にカッコいい音色になると思います。